知っておきたい!生理中のヘアカラーの注意点!

1生理中は毛染めはしないほうがいいの?」

「美容室での毛染めも生理中はダメなの?」

「絶対にしないほうがいいの?」

皆さんも一度は聞いたことがあると思います。

「気にせず染めている」「私は大丈夫」と白髪染めやおしゃれ染めをしている方も居ます。

じゃあ何故『生理中はダメ!』 と言われているのでしょうか?
市販の毛染め剤の注意事項欄に『生理中にはしないでください』と書いてあるのもあります。

『生理中の毛染めで 気をつけたい1・2・3 』 をご紹介いたします。

◎その1

生理中は普段と違いお肌が敏感な時期になっている為、頭皮が弱くなっていることが多く、カラーリング剤などの刺激の強い成分を与えてしまうと頭皮のカブレやヒリヒリなどアレルギー症状が起こりやすい状態になっているからです。

◎ その2

生理中はホルモンバランスが崩れやすいのでカラーの染まりにムラができることもあります。

◎その3

匂いに敏感になりやすいので(匂いで気分が悪くなったり頭痛になったり)することがあります。

『生理中意外でも毛染めをする際に避けておきたい体の不調』

①妊娠

妊娠中はホルモンバランスの変化により皮膚が大変敏感になっています。
薬剤で頭皮がかぶれたり、つわりの時期に匂いで気持ちが悪くなってしまったりする事もあります。
拘束時間も長く、妊婦さんにとって座りっぱなしでいる事は腰痛やむくみの原因に繋がるので、妊婦さんの体調面からも注意が必要です。

②体調不良

疲れが重なっているなどで体力がない時には、免疫力が低下しています。
そんなときに、カラーリングを行うと薬剤に過敏に反応しすぎてしまい湿疹やかぶれなどの症状が出る事もあります。
このような内容から生理中の白髪染めはなるべく避けるのが良いと思います。
どうしても生理中であっても白髪を染めたい場合もあると思います。

そんな時は、専門の美容師さんに相談して見て下さい。
刺激の少ない毛染めや 頭皮に負担にならない毛染めをアドバイスしてもらいましょう。
髪を傷めずに、安全に染める技術は「カラーグレス」!

カラーグレスは美容室で最も多く使われているアルカリヘアカラーを髪を傷めずに、安全に染める事が出来ます。

安全な毛染めと言えば、「ヘナ」「ヘアーマニキュア」「カラートリートメント」などを思い浮かべる方が多いようですが、毛染めのほとんど95%以上は安全ではないのです。

gf01a201503210100iq5wsして、安全性が高いと言うもののほとんどは

  • 色合いは3種類程度
  • しっかり染まらない
  • 時間がかかる
    などのデメリットがあります。

アルカリヘアカラーは

  • 色の種類が多い
  • しっかり染まる
  • 20分程度で染まる
    が、髪が傷み、危険性が高い・・・

カラーグレスは、そのアルカリヘアカラーを安全にすることで

  • 色の種類が多い
  • しっかり染まる
  • 安全性が高い
  • 髪が傷まない
  • かぶれずらい

と最もいい条件がそろう技術です。

生理中の女性、妊娠中のママ、アレルギーの方、健康に気を遣う方々に向いています。